スノーホワイトの娘

snowwhite
 

Snow White with the dwarfs Carl Offterdinger 1829-1889

 むかしむかし、冬のさなかのことでした。雪が、鳥の羽のように、ヒラヒラと天からふっていましたときに、ひとりの女王さまが、こくたんのわくのはまった窓のところにすわって、ぬいものをしておいでになりました。
 女王さまは、ぬいものをしながら、雪をながめておいでになりましたが、チクリとゆびを針でおさしになりました。
 すると、雪のつもった中に、ポタポタポタと三滴の血がおちました。まっ白い雪の中で、そのまっ赤な血の色が、たいへんきれいに見えたものですから、女王さまはひとりで、こんなことをお考えになりました。

青空文庫 白雪姫

 

このお話はグリム童話(原作)と同程度の猟奇的表現を含みます。


1


4


8


13


17


22


広告を非表示にする